小学生の学習塾代を節約する方法を紹介しています

小学生の学習塾代を節約する方法

中学受験をしない小学生でも塾に通っている子が増えています。特に公立小学校に通っているこの場合は、学校の授業の質の低下もあり、塾でしっかり勉強させたいといニーズも根強くあります。

 

ただ、塾以外にスポーツやおけいこ事などをしていると大変なのは月謝ですよね。中学、高校、大学とこれから教育費がかかっていくのに、小学校のうちからあまり使うわけにはいきません。

 

そこで、小学生の学習塾代を節約する方法について紹介したいと思います。

 

小学生の塾は週1回で十分

小学生のうちから塾に通わせるのであれば回数は週1回で十分です。塾に通い始めると、国語も算数も理科も…さらには英語もと、いろいろな科目に目移りしてしまいます。

 

算数が積み上げが必要だから。国語はすべての科目の基礎だから。英語は中学校から本格的に始まるから。など塾側のセールストークに惑わされてはいけません。

 

もちろん、それぞれの理由には一理ありますが、小学生のうちから塾に頼ってしまっているのでは、中学、高校と進むにつれ、塾なしでは勉強できなくなってしまいます。

 

小学生のうちに大切なのは、学校の授業を理解することと同時に、家での学習習慣を身につけることです。これが中学、高校となったときに役立ちます。

 

塾に週2回、3回と通っているのであれば、週1回に減らしましょう。学習塾代の節約になるだけでなく、そのほうが中学、高校のときに伸びる下地となります。

 

家庭学習の習慣をつける方法

週1回の塾通いでは勉強しなくなってしまうというのであれば、家庭学習のやり方を工夫することが大切です。教科書+問題集だけでは勉強する気になれません。

 

学校とは違った勉強方法を取りいれるのがポイント。
タブレットでの学習などは、その典型です。

 

小学生のうちは目新しいものに飛びつきます。これが中学生になると変に反抗してしまいますが、小学生のうちはその心配がありません。

 

なので、飛びつくうちにタブレットでの勉強を習慣づけてしまうというのが家庭学習を定着させるコツです。

 

小学生向きのもので中学生になってからも使えるものとして勉強サプリが評判です。タブレットだけでなく、家にあるパソコンからでも使えるものなので、ぜひチェックしてみてください。

 

勉強サプリ/今なら1週間お試し無料

PR