学習塾の料金(月謝)を比較する前に知っておきたいこと

塾の費用の平均は中学生で年間約25万円

学習塾の費用には月謝以外にも入塾金や講習会費、生徒管理費などいろいろがあります。
こうした費用が平均でどのくらいかかるかというと、中学生の場合は年間平均で約25万円

 

小学生の場合は、公立に通っているか私立に通っているかで大きく異なり、公立小学生の平均は年間13.6万円、私立小学生は年間30.5万円です。

 

数値はいずれも文部科学省が平成24年に行った「子どもの学習費調査」によるものですので、全国平均の値です。

 

塾の月謝を比較するときに気をつけたいこと

月謝や費用だけで塾を選ぶわけではないにしても、ほかの塾と比較する基準にはなります。

 

ただ、このときに気をつけなければならないことがあります。
それは、月謝だけでなくトータルの費用で比較するということです。

 

学習塾の費用は月謝だけではありません。
入塾金、生徒管理費、テキスト代、講習会費、教室光熱費などがあります。

 

注意しなければならないのは、こうした名目の費用が塾によって大きく異なるということです。すべて月謝に含めている塾もあれば、見かけ上の月謝を低く抑えるため、いろいろな名目を作っている塾もあります。

 

「どのの塾でも一般的にかかるものですので…」といった説明でさらっと言われることも多いので、しっかりチェックしましょう。

 

通信教育や家庭教師との比較も忘れずに

学習塾に子どもを通わせる目的は「勉強が出来るようになって欲しいから」。
その意味では、通信教育や家庭教師との比較も忘れずにしておく必要があります。

 

というのも、インターネットが普及したことで通信教育は親の世代のものとは大きく変わっています。わからないところをすぐにメールで聞けたり、飽きずに続けさせる仕組みだったり。

 

また、家庭教師にも言えることですが、子どもの数が減っているので、競争が激しくなり、値段が下がっているようです。

 

学習塾の場合は、どうしても教室の家賃が発生するので、料金が大きく下がることはありません。その意味で、内容が充実して料金も下がっている通信教育は「狙い目」です。

 

参考情報

中学生の塾の費用はこのページが参考になります。

中学生の塾の平均費用は?

 

塾以外の勉強法もチェック!

最近の通信教育にはタブレットを活用したものなど飽きない仕組みがあります。
目新しさもあって、夢中で勉強し出す生徒も多いので、ぜひ一度検討してみてください。

PR