英語で落ちこぼれそうな私立中学生向けの勉強法を紹介しています

英語で落ちこぼれそうな私立中学生向け勉強法

私立中学生のあいだで最も差がつきやすい科目が英語です。

 

受験科目にある国語、数学(算数)、理科、社会は基本的に同じようなレベルの生徒が集まっていますが、英語は受験科目にないので学力の差がバラバラです。

 

私立には帰国子女でペラペラな生徒もいれば、中学受験には関係ないからと言って、小学校時代にまともに勉強していない生徒もいます。これでは学力差があって当たり前です。

 

ところが、私立中学校の授業は「出来る生徒」にあわせて進みます
出来ない生徒にもある程度のフォローはありますが、あくまで「ある程度」。

 

基本的には「出来る生徒」にあわせたレベルとスピードで授業が進みます。となると、小学校時代に英語をまともに勉強していなかったという子は落ちこぼれてしまうことに。

 

せっかく、受験を突破したのにもったいないですよね。
こうした場合の勉強方法を紹介したと思います。

 

塾はあてにならない

学校の授業についていけないときに頼りになるのは学習塾ですが、中学生向けの塾は公立中に通っている生徒を対象としたものが中心です。

 

となると、私立中に通っている子にはカンタン過ぎてしまいます。
私立中レベルの授業を行っている塾というのはあまりないからです。

 

私立中レベルの塾も探せばないことはありませんが、私立といっても私立の中でもレベルの差はあります。自分が通っている学校にあったものとなると、あるとは限りません。

 

私立中に合格できたポテンシャルを活かす勉強法

英語では落ちこぼれていたとしても、中学受験を突破したということは勉強に対するポテンシャルがあることは間違いありません。ただ、英語の勉強のスタートが周りよりも遅れていただけ。

 

ということは、スタートで出遅れた分を取り戻せばイイのです。
別に自分は出来ないんだと思うことはありません。

 

そのための勉強に使うのは自分のペースでどんどん進めるもの。
中学1年から3年までの範囲の授業を動画で見ることができる勉強サプリがオススメ。

 

授業を行っているのは、カリスマ講師と呼ばれる先生。
中学受験を突破したポテンシャルを持っている人なら、どんどん理解が進みます。

 

こうしたもので、すぐに遅れを取り戻しましょう。
勉強サプリ/今なら1週間お試し無料

PR