学習塾の料金(月謝)を比較する前に知っておきたいこと

塾選びで知っておきたいプロ講師と学生アルバイト講師の違い

学習塾選びでポイントとなるのは講師の質。
どんな講師に教わるのかは成績を大きく左右します。

 

学習塾の中にも、「プロの講師だけで、学生のアルバイト講師はいない」ということをアピールしているところもあります。ゆとり教育の学生では…と敬遠されるのが多いのも事実。

 

そこで、ホントにプロ講師と学生アルバイト講師ではプロ講師のほうが優秀なのかについて解説したいと思います。

 

集団塾ではプロ講師、個別指導塾では学生講師が優秀

一度に何人もの生徒を教える一般的な集団塾では、やはりプロ講師のほうが優秀です。こうしたクラス形式で物事を教えるには、テクニックも必要になりますので、経験がものを言います。

 

ただし、個別指導塾に限れば、学生講師のほうが優秀です。
個別指導塾の講師に必要なのはコミュニケーション能力です。

 

物事を教えるテクニックよりも、相手の話を聞いたり、相手にあわせた話し方が出来る講師に教わったほうが成績が伸びます。

 

その意味で、生徒と年齢も近い学生アルバイト講師のほうが有利です。生徒にしてみても、年齢が近いほうがコミュニケーションがとりやすいものです。

 

また、コミュニケーション能力というのは、経験を積んでうまくなるテクニックとは違って、教えられるものではありません。

 

優秀な学生が集まる理由

講師のアルバイトというのは学生にとって時給も良いので人気の職種です。このため優秀な学生が集まりやすいものです。

 

一方、教育業界というのは学生にとって人気の就職先ではありません。ということは、優秀な学生は教育業界を避ける傾向にあります。

 

言いにくいことですが、プロ講師というのは教育業界に就職した人たちです。志が高い方ももちろんいますが、すべての人がそうとは限りません。

 

学生アルバイトであれば優秀な人材が集まるが、社会人はそうとも限らなし。これが現実です。

PR