男子中学生のにきび治療で皮膚科に行く前にしておきたいこと

男子中学生のにきび治療で皮膚科に行く前にしておきたいこと

中学生にとって勉強に集中できない理由のひとつになるのがニキビ。

 

思春期には誰にでもニキビができるものですが、どのぐらいできるかには個人差があります。気にしないでよいぐらいの人もいれば、顔全体にできてしまって隠しようがない人も。

 

特に顔にできるニキビは目立ってしまうので、気にしない訳にはいきません。
勉強していても無意識のうちに顔に手が伸びてしまったりするもの。

 

あまりにもヒドイとニキビ治療で皮膚科に行くことを考えたほうが良いかもしれませんが、男子中学生の場合は皮膚科に行く前にチェックしておきたいことがあります。

 

男性用のニキビ治療薬を使っているか

ニキビ治療薬には男性用と女性用があります。
ただし、化粧品に分類されるので女性用がどうしても多くなってしまいます。

 

男子中学生の場合、女性用のほうがなんとなく効くと思って使っている人もいますし、女性用とは気づかないで使っている人も多いようです。

 

これが間違い。
第二次性徴期で男子と女子の差が大きくなってくるのが中学時代です。

 

それだけに、男子中学生なら男性用のニキビ治療薬を使わなければなりません。
男性と女性ではホルモンバランスも違うので当然と言えば当然です。

 

男性向けに開発されたニキビケアジェル「スクリーノ」

ただし、男性用のニキビケア用品というのはあまり多くありません。
あったとしても女性用に開発されたもので、男性でも使用できるといったもの。

 

それよりも男性専用のほうが男子中学生にはあっています。
そうしたものの中で評判になっているのが男性用ニキビケアジェル「スクリーノ

 

詳しくは下記から公式サイトでチェックしてみてください。

PR