学研ゼミの評判以外にも知っておきたいことを解説

学研ゼミの評判以外にも知っておきたいこと

学研ゼミは2016年の秋から開始された新しいサービスになります。教育出版社としての「学研」は歴史がありますが、オンライン学習という意味では新規参入組です。

 

小学生や中学生がタブレットなどを利用しる学習ソフトで実績があるものとしてはスマイルゼミなどがあり、こうしたものは評判もそれなりにネットで調べればわかります。

 

ところが、新しいサービスの「学研ゼミ」に関してはネットに掲載されている評判もまだ多くありません。あっても少数意見。一部の意見に惑わされないように注意が必要です。

 

学研ゼミのサービスで何を利用すればイイ?

学研ゼミにはいくつかのサービスがあります。

  • スマートドリル
  • ワンダードリル
  • キッズクラス
  • 学研図書ライブラリー
  • 学研チャンネル
  • 学研ジュニア新聞
  • 学研デジタル百科+

こうしたサービスがそれぞれ「バラ売り」されています。

 

スマイルゼミなどほかの学習ソフトはいろいろな機能が全部ついてセットで月額いくらとなっていることが多いのですが、学研ゼミはサービスごとに購入する形式になっています。

 

学研ゼミは「バラ売り」している分、格安な料金(月額500円など)で始められるというわけです。ただ、たくさんあると何から始めればいいのかが迷ってしまうところ。

 

小学生、中学生の場合、対象が幼児となっているキッズクラス以外はすべて検討対象となります。それぞれのサービスについての説明はありますが、悩むところです。

 

スマートドリルかワンダードリルから始めるのがオススメ

サービスがたくさんあって迷いがちですが、最初に利用するのはスマートドリルワンダードリルがオススメです。テストの成績を上げたいなら、この2つのどちらかからです。

 

スマートドリル、ワンダードリルともドリルという名前の通り、問題を解いて勉強するものです(解説などもアリ)。コンテンツにも学研のこれまでのノウハウが生かされています。

 

解説ムービーなど内容が充実ていいるのがスマートドリル。
ゲーム感覚で楽しく取り組めるのがワンダードリルです。

 

いままで学習習慣がまったくなかったような子であれば、ワンダードリルから使用することをオススメします。勉強を続けたくなる「仕掛け」も掲載されています。

 

スマートドリルのほうが向いているのは塾代わりになるぐらい本格的に勉強したい人。
こちらはテスト対策も出来るようになっています。

 

どちらにしても無料期間ではすべてのサービスが利用できるので、実際に使用して比較してみてください。
すべてのサービスが初月無料!【学研ゼミ】

PR

関連ページ

デキタス(中学生向け)の評判で気になるところはココ
デキタスを使っている中学生の評判で気になる部分を分析してみました。ネットの口コミや評判には大げさのものも多く、使ってみたら期待外れだったなんてことが少なくありません。そうならないように評判の表には出ないウラ側を探ってみたいと思います。
スマイルゼミの評判での保護者と中学生本人の違いは?
タブレットを使って勉強するスマイルゼミの評判を調べてみると、利用している中学生本人とその保護者では評価しているポイントが違いました。それぞれ、どんなところを評価しているかで特徴が見えてきます。勉強法選びの参考にしてみてください。
ロボット教室の評判からわかる魅力はココ
習い事としてプログラミング教室が人気になっていますが、プログラミングも体験できるとしてすでに評判になっているのがロボット教室です。そこで、ロボット教室に通っている人の評判からわかる魅力などについてまとめてみました。
スタディサプリ中学講座の評判で目立つことは…
タブレットやパソコンを使った勉強法のひとつスタディサプリ中学講座の評判で目立つものをピックアップしてみました。テレビCMで見かけた人がいるかもしれません。スタディサプリは料金の安さ(月額980円)が魅力ですが、それだけではありません。
デキタス申込前に知っておきたいデメリット
パソコンやタブレットを使って勉強する「デキタス」について申込前に知っていきたいデメリットについてまとめました。公式サイトには口コミや体験者の感想などが掲載されていますが、基本的に良いことばかりですよね。