ドラゼミ(ドラえもんゼミ)の評判を調べるとあることがわかります

ドラゼミ(ドラえもんゼミ)の評判からわかること

最近テレビCMで見かけることが多いドラゼミについての評判をネットで調べてみると、あることに気づきました。コレから始めてみようかと思っている人に参考になりそうです。

 

ドラゼミとは

最初に簡単にドラゼミについて説明しておくと、ドラえもんが説明キャラクターになっている添削型の通信教育です。

 

最近の通信教育はタブレットを使って勉強するものも多いのですが、ドラゼミは昔ながらのテキスト形式で紙に書いて勉強します。

 

対象は幼稚園の年長から小学校6年生まで。
基本的に国語算数の2科目です。

 

理科、社会、英語は入会時に「ふろく」のようなカタチの教材を一括でもらえます。
月ごとに送られてくるのが国語と算数だけというわけです。

 

ドラゼミの特徴は作文、図形のオリジナル問題

ドラゼミの最大の特徴は作文と図形のオリジナル問題です。
単なる知識を問うものではなく、考えさせる問題で学力をつけるという方針によるもの。

 

もちろん、解説キャラクターとしてドラえもんが出てくるのも、ほかの通信教育にはない特徴になっています。ドラえもんが好きな子には好評のようです。

 

ドラゼミの評判からわかること

すでにドラゼミを利用している人の評判を見ると、気づくのは小学校2、3年生前後の保護者の方の感想が多いというもの。内容よりも利用者像に偏りがあります。

 

ドラゼミの対象は小学校6年生までですが、5年生以上となると、どうも幼稚なものに感じてしまうようです。ドラえもんを子どもっぽく感じてしまうのかもしれません。

 

なので、利用者の中心は小学校2、3年生。

 

家で勉強する習慣をつける

まだ、中学受験勉強という年齢ではないのですが、家で勉強する習慣をつけるために始めたという家庭が多いようです。そうした家庭には評判も上々。

 

ドラえもんというキャラクターのおかげのようです。

 

ちなみに、標準の勉強時間は1日あたり10分×学年
2年生なら20分、3年生なら30分というわけです。

 

少しずつでも家で勉強する習慣をつけさせたいという人には良さそうです。


PR

関連ページ

デキタス(中学生向け)の評判で気になるところはココ
デキタスを使っている中学生の評判で気になる部分を分析してみました。ネットの口コミや評判には大げさのものも多く、使ってみたら期待外れだったなんてことが少なくありません。そうならないように評判の表には出ないウラ側を探ってみたいと思います。
学研ゼミの評判以外にも知っておきたいこと
学研ゼミは2016年の秋から開始された新しいサービスになります。新しいサービスの「学研ゼミ」に関してはネットに掲載されている評判もまだ多くありません。あっても少数意見。一部の意見に惑わされないように注意が必要です。
スマイルゼミの評判での保護者と中学生本人の違いは?
タブレットを使って勉強するスマイルゼミの評判を調べてみると、利用している中学生本人とその保護者では評価しているポイントが違いました。それぞれ、どんなところを評価しているかで特徴が見えてきます。勉強法選びの参考にしてみてください。
ロボット教室の評判からわかる魅力はココ
習い事としてプログラミング教室が人気になっていますが、プログラミングも体験できるとしてすでに評判になっているのがロボット教室です。そこで、ロボット教室に通っている人の評判からわかる魅力などについてまとめてみました。
スタディサプリ中学講座の評判で目立つことは…
タブレットやパソコンを使った勉強法のひとつスタディサプリ中学講座の評判で目立つものをピックアップしてみました。テレビCMで見かけた人がいるかもしれません。スタディサプリは料金の安さ(月額980円)が魅力ですが、それだけではありません。
デキタス申込前に知っておきたいデメリット
パソコンやタブレットを使って勉強する「デキタス」について申込前に知っていきたいデメリットについてまとめました。公式サイトには口コミや体験者の感想などが掲載されていますが、基本的に良いことばかりですよね。