夏期講習選びのコツ「当たり外れを見極める方法」

夏期講習の当たり外れを見極める方法

塾には当たり外れがありますが、通常のクラスよりも夏期講習のほうが当たり外れが大きくなります。夏期講習を選ぶ前にぜひ知っておいてください。

 

夏期講習は塾にとっても稼ぎ時

夏期講習は学習塾にとって一番の稼ぎ時でもあります。

 

塾生だけでなく普段は塾に通っていない生徒でも講習にだけ参加するという人が少なくないからです。塾にとってはボーナスのようなものです。

 

また、夏期講習と名前をつけていおけば、それなりに生徒も集まります。
そこで、塾として対応が分かれるのですが、ここが当たり外れが出来る原因です。

 

  • 夏期講習で満足してもらって、2学期以降の入塾につなげたい
  • 夏期講習費で儲けたい

 

前者の塾なら当たり。後者なら外れというわけです。気をつけたいのは普段の評判が良い塾が前者(当たり)とは限らないということです。

 

「夏期講習で満足してもらって、2学期以降の入塾につなげたい」と考えるのは、2学期以降に入塾してもらう空き枠がある塾です。すでに塾生がいっぱいという塾はこうなりません。

 

評判がイイ塾というのは、すでに通常クラスは満席の可能性があります。
夏期講習だけ募集していたからと言って飛びつくのは危険です。

 

もちろん、夏期講習もしっかりやってくれる塾もあります。
ただし、評判にあぐらをかいて手を抜いている人気塾もないとは言えません。

 

評判の良い塾の夏期講習に参加したけどイマイチだったということもありえます。

 

夏期講習のアタリ、ハズレを見極める方法

では、どのようにして夏期講習がアタリかハズレかを見極めればいいのでしょうか。
ヒントは講師にあります。

 

  • 夏期講習を担当する講師の名前がパンフレット等に掲載されているか?
  • その講師は通常クラスも持っている講師か?

 

この2つを確認しましょう。
講師の名前が記載されていて、通常クラスも数多く担当しているのであれば期待できます。

 

※講師は都合により変更される場合もあります。
こんな注意書きが小さい文字で記載されているところは要注意です。

 

見落としてしまいがちですが、こうしたところで夏期講習選びをしてみてください。

 

アタリの夏期講習が見つからなそうなときは

満足できそうな夏期講習がない場合は、無理して夏期講習にこだわる必要もありません。
パソコンやタブレットを使った勉強方法も夏期講習代わりに十分なります。

 

ハズレの夏期講習に参加するぐらいであれば、こうしたものもチェックしてみてください。
スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

PR